相続の基本的な疑問

相続って誰が考えなければいけないの?

相続って誰が考えなければいけないの?

「相続」って、親が考えるものでしょうか? それとも子供が考えるのでしょうか?
また子供がいない場合は、誰が考えるのでしょうか?

お答えします!

相続は揉め事の火種になることも少なくありません。

子や兄弟に任せるのではなく、まずは、相続を残す人が考えることが大切です。
法律の上では、相続を残す人のことを、「被相続人」といいます。一方、相続を受ける側の人を「法定相続人」といいます。法定相続人は、被相続人の配偶者、つまり夫または妻や、子供、兄弟・姉妹と決められています。この人たちも、相続について考えておくべきでしょう。

つまり、相続をする側、される側、両方それぞれが考える必要があるのです。どちらか一方だけでなく、それぞれが考えるのが大切なのです。

ちなみに相続の順位も、法律で定められています。
配偶者は常に法定相続人となり、子が第1順位となります。被相続人より前にその子が死亡している場合は、亡くなった子の子(被相続人の孫)が代襲相続人ということになります。

【相続順位】

第1順位 直系卑属。子またはその代襲相続人で、直系卑属がいる場合、被相続人の直系尊属(父母、祖父母)および兄弟姉妹は相続できない。
第2順位 直系尊属。父母や祖父母。
第3順位 兄弟姉妹。兄弟たちが被相続人より先に死亡している場合、甥や姪が代襲相続人に。(一代まで)

いちど無料相談してみませんか?

相続は早めの準備が得策です。
相談は何度でも無料ですので、お気軽にどうぞ。

☎0120-915-745


問い合わせフォーム

関連記事