相続の基本的な疑問

相続の対象って、家とかお金とか、他にも何があるの?

相続の対象って、家とかお金とか、他にも何があるの?

相続といえば、家や土地などの不動産や、預貯金や株などの金融資産が頭に浮かびますが、それ以外にも対象となるものはあるのでしょうか?

お答えします!

基本的に、その人が持っていたもの、全てが対象となります。

例えばゴルフ会員権や自動車なども対象になります。

もし、借金があったとしたらどうなりますか?

それも相続の対象です。マイナスの資産も、相続の対象となるのです。例えば、事業の失敗等で、銀行から多額の借金があったとしたら、それも対象です。

その借金も引き継がなければいけないのですか?

基本的にはそうですが、それを「放棄」するという方法があります。
借金をそのまま相続するということになると、今度は相続人、つまり残された家族がそれを返済しなければなりません。それでは困ってしまうので、「相続の放棄」の手続きをすることで、その借金を負わずに済ませることができます。

その手続きには期限があるのですか?

はい。その手続きは、相続が発生してから3ヶ月以内にする必要があります。

いちど無料相談してみませんか?

相続は早めの準備が得策です。
相談は何度でも無料ですので、お気軽にどうぞ。

☎0120-915-745


問い合わせフォーム

関連記事