相続の費用や手続きに関する疑問

相続税が払えないときは、どうすればいいの?

相続税が払えないときは、どうすればいいの?

相続税払えない場合、どうすれば良いのでしょうか?

お答えします!

相続税は免除されることはありませんので対策が必要です。

相続税は、10ヶ月以内に払わなくてはいけません。
相続税は、免除されることはありませんので、相続にきちんとした認識をもって、必要な対策を考えておかなければなりません。

相続税が払えない理由の1つは、支払うための現金がない、ということでしょう。

理由によっては、支払期限を先延ばしできる制度もあります。例えば相続税の支払の為、自宅を売却しなければならないが、そうすると自分が住むところがなくなってしまいます。その対応期間として、「延納制度」というものがあります。とはいえ、いわゆる金利と同様に、延滞税がかかってしまいます。

もう1つの理由として、分割協議が決まらない、ということもあります。
相続人たちの間で揉めてしまい、誰がどれだけ受け取るのかが一向に決まらず、納付までの期限を過ぎてしまう場合です。そうならないためにも、相続人同士の関係を良好に保ったり、遺言状の作成などがとても大切なのです。

払わずにいたらどうなってしまうのですか?

小規模宅地など、自宅の部分は相続税の評価が安くなる特例がありますが、納付期限を過ぎてしまうと、その特例が使えなくなってしまい、さらに高額になってしまいます。また、最悪の場合、強制執行されて自宅を失ってしまう場合もあります。

こういったことにならないよう、相続の事前対策はとても重要なのです。

いちど無料相談してみませんか?

相続は早めの準備が得策です。
相談は何度でも無料ですので、お気軽にどうぞ。

☎0120-915-745


問い合わせフォーム

関連記事