遺言状や生前贈与に関する疑問

遺言状ってどうやって書けばいいの?誰にあずけるの?

遺言状ってどうやって書けばいいの?誰にあずけるの?

遺言状を書くことは大切だとわかってきたのですが、実際にはどうやってどうやって書けばいいかがわかりません。
専門家に依頼する必要があるのでしょうか?

お答えします!

遺言状には、「公正書遺言」と「自筆遺言」というものがあります。

一般的には、「公正書遺言」が主流であり、もっとも安全であると言えるでしょう。
遺言書は、どの財産を特定し、どの財産を誰にあげるのかを、正確に書き記す必要があります。もし渡す人の名前や住所を間違えたりすると、実際に相続できなくなる場合があります。
住所が間違えているからと言って、その人には権利がないと、別の人が主張して揉め事になってしまうこともあります。

具体的にはどこに依頼すればいいのでしょうか?

会計事務所・弁護士・司法書士・行政書士・信託会社…などが考えられます。
なにより信頼できる専門家、相続に関する知識や経験が豊富な専門家を選ぶことが大切です。

いちど無料相談してみませんか?

相続は早めの準備が得策です。
相談は何度でも無料ですので、お気軽にどうぞ。

☎0120-915-745


問い合わせフォーム

関連記事